Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自動車保険と一口で言っても、一つで全てをまかなっている訳ではなく、自動車保険は、
大きく分けて二つの種類に区分されています。「自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)」
と「任意保険」です。

自賠責保険というのは、自動車を運転するドライバーは誰でも必ず加入しなければいけない
自動車保険で、法律でも自動車所有者に義務付けられています。

もし、自賠責保険証明証を車に載せていなければ、3万円以下の罰金刑が課せられてしまい
ますから注意してください。また、万一自賠責保険に加入せずに自動車の運転をしたりすると、
1年以下の懲役または50万円以下の罰金刑と違反点でも-6点となり、一気に免許停止処分
が課せられることになってしまします。

自賠責保険の内容についてですが、人身事故にだけ適用され、支払金額は傷害で120万円、
死亡で3,000万円、重度後遺障害に関しては4,000万円が最高限度額とされています。

これに対して、任意保険は各自が任意で加入する自動車保険でいいます。
言い換えると、自分の意思で保険の加入を決める事ができて、自分の好きな保険会社を選択
できるわけです。

保険の種類には、
A:対人賠償保険  B:対物賠償保険  C:搭乗者傷害保険  D:自損事故保険
E:無保険車傷害保険  F:車両保険  G:人身傷害補償保険
といった具合に分かれています。

これらを組み合わせて1セットとした形で自動車保険に加入するのが一般的です。

自家用自動車総合保険(SAP)は、A、B、C、D、E、Fの6つをセットとした保険で、対人、対物
ともに示談交渉を保証すると言うものです。

自動車総合保険(PAP)は、A、B、C、D、Eの5つをセットとした保険で、対人のみ示談交渉を
保証すると言うものです。

一般自動車保険BAPは、基本的にはバラ売りの保険で、A、B、Fのいずれか一つの加入を義務
付けられている以外にはどれを選んでも構わないと言う保険です。

自動車保険にはこう言った様々な種類の保険がありますので、ご自身でライフスタイルやリスク
を念頭に組合わせることが大切です。
スポンサーサイト

アクサダイレクトの自動車保険

アクサダイレクトは、外資系の自動車保険会社でダイレクト型自動車保険を扱っています。

ダイレクト型自動車保険は代理店を通さずに保険会社と契約者が直接契約をすることになり
ますので、中間コストがかからず、その分保険料が安くなります。

また、アクサダイレクトはインターネットで契約すると、最大4,500円の割引になります。
新規の契約ばかりでなく、継続申込みもオンラインでする事によって1,000円の割引になります。

アクサダイレクトの自動車保険の保障プランは3つの契約タイプに分かれます。フルカバータイプ
は対人賠償保険、対物賠償保険、自損事故保険、無保険車傷害保険、搭乗者傷害保険の5つ
の基本保険に一般車両保険が付くタイプです。

スタンダードタイプは5つの基本保険に補償範囲が限定された車両保険が付くタイプです。
エコノミータイプは車両保険が付かないエコノミーなタイプです。
些か古めの車や中古車を購入した若者に多いのかも知れませんね。

ところで、アクサダイレクトの事故対応は万一の事故の時は、24時間365日対応してくれます。
夜間や休日の場合は、事故受付とアシスタントサービスの手配を行われますが、専任スタッフ
からの連絡は翌営業日になります。人身と物損のプロの専任担当者が連携して示談交渉にあ
たります。

故障などで車が走行できなくなった時は、車両保険の有無に関わらず、アシスタンスサービス
を無料で利用できます。具体には、ロードサイドサービス、レッカーサービス、宿泊・帰宅費用
サービス、修理後車両搬送・引取りサービス、メッセージサービスが受けられることになります。

自動車保険の加入より2年目以降は、アシスタンスサービスの内容がグレードアップします。

自動車保険の種類

自動車保険には種類があります。
自動車保険の種類は、大きく分けると2つです。

1つは「自賠責保険」と呼ばれる強制保険です。
自動車を持った時点でこの保険には自動的に、言い換えると強制的に
加入させられてしまいます。だから、強制保険といいます。

自賠責保険とは、「自動車損害賠償責任保険」の通称です。

自賠責保険は自動車を運転する人はすべて加入しなければならない自動車保険です。
車を購入するときや、車検のときには必ず加入します。

保険の内容ですが、自賠責保険は人身事故にだけ適用されます。

保障の限度額は、傷害で120万円、死亡時は3,000万円、
重度後遺障害には4,000万円です。

もう一つの保険は自賠責保険では補いきれないものを保障する「任意保険」です。

自賠責保険とは違って、任意保険の加入は義務づけられてはいませんから、
任意保険には加入しないドライバーの方もいます。


しかし、これだけ交通事情が悪くなっていますから、是非任意の保険も
積極的に考えたいものです。

任意保険は万一の事故の時には自賠責保険では補いきれない分を保障されます。

自動車の故障時などにも手厚いサービスが受けられます。
任意保険には、是非加入するべきでしょう。

任意保険には、いくつかの種類があります。
任意保険の基本的な保険は大体5つです。
任意保険の基本的な保険と特約などを組み合わせて自分にあった保険を選びましょう。

「対人賠償保険」は、交通事故時の他人の「身体」に対して支払われる保障です。

保障の範囲は、自賠責保険を越えた部分に対して支払いがなされます。

対人賠償保険の加入は「無制限」にしておくのが良いでしょう。

「対物賠償保険」は、交通事故時の他人の車を含めた「物」に対しての保障です。
バスやタクシーや電車との事故であった場合にも、対物賠償保険は適用になります。
こちらも「無制限」で加入するのが良いでしょう。

「搭乗者傷害保険」は、運転者と同乗者に対しての保障です。

「自損事故保険」は、単独で起こした事故で相手がいない場合と、
相手がいても相手に対しての過失がゼロの場合で運転者が怪我や死亡した時、
自賠責保険は適用になりませんので、その分を保障するというものです。

自損事故保険は対人賠償保険に自動的に付帯されています。

「無保険者傷害保険」は他車との事故において、相手方が対人賠償保険に
加入していない場合に適用される保険です。

万が一の際に慌てる事がないように、このような自動車保険の種類を
しっかりと把握して、必要な形で加入しておくことが大切だといえます。

  generated by feedpath Rabbit

奨学金制度と教育ローンについて

教育費の確実に確保のために学資保険に入っている人は多いのですが、
保険料だけに頼っていては、子供の教育費としては不十分だといえます。

保険意外にも、教育費として積み立てておく必要がありますが、
教育費が足りなかったらどうしよう、と不安に思いますよね。

奨学金制度」というのをご存じでしょうか?

奨学金とは、家庭の経済的な理由からこどもの進学・修学
が難しいとされる時に、給付、または貸付されるお金です。

限度額が決まっているので、必要な額まで達しないこともあるようですが、この
奨学金制度は、政府、地方自治体、公益団体、民間などで行われています。

家計の状態だけでなく、子供の成績や能力にも条件がつきま
すが、このような制度があるということは、心強いですよね。

ただ、貸付された奨学金は、当然ながら返済しなければなりません。

奨学金には、第一種奨学金、第二種奨学金と2種類あります。
給付金額の上限や利息が異なり、また返還方法も色々あります。

この制度を活用したい時は、内容をよく検討してから活用するようにしましょう。

もう1つ、教育費が足りなくなった時の手段として、
「教育ローン」を利用するという方法があります。

教育ローンは、国民生活金融公庫という政府系金融機関が扱う
ローンで、一般の銀行ローンよりも金利が安いのが特徴です。

教育ローンには、「教育一般貸付」「郵貯貸付」「年金教育貸付」
の3つの制度があり、それぞれ違った内容になっています。

また、国の教育ローンだけではなく、民間の金融機関にも教育ローンは用意されて
いますし、財形利用者が借りることができる財形教育融資というものもあります。


それぞれの特色を比較して、数年後の家計状況を考えてみてから、
ローンを選んでみてくださいね。

  generated by feedpath Rabbit

自分に合う保険を一括見積もりで

自動車保険でも、人それぞれに運転の機会が異なります。

そんな時に、自分にあった都合のいい自動車保険を選ぶには、なるべく
多くの自動車保険会社から見積もりを取って、比較検討すると良いと思います。

しかし、一つ一つ見積もりを取るというのも大変な作業ですね。

そこで、現在インターネットが普及していますので、それぞれの保険会社の
ホームページから見積もりを簡単に取ることが可能になっていますから、
これをうまく利用しましょう。

また、インターネット上には、もっと便利なものがあります。
それは、自動車保険の一括見積もりです。

自動車保険の一括見積もりが出来るサイトはいくつかあります。


代表的なサイトは、「インズウェブ」、「カービュー」、「保険スクエアbang!」、
「価格.com」などです。

これらのサイトで簡単な入力をするだけで、複数の保険会社の見積もりを一括で
取ることができます。

一括見積もりを利用するには、まず、「保険証券」、「車検証」、「免許証」を
手元に用意しましょう。

そして、一括見積もりが出来るサイトを選び、入力して見積もりの請求をします。

あとは、各社からの返事を待つことになります。

数日かかることもあれば、オンラインですぐに結果が報告される場合もあります。

最近は、自動車保険の自由化のよって
ダイレクト型自動車保険も普及し、各保険会社の競争が激化しています。

各社とも様々なロードサービスなどのサービスを提供し、
割引制度もとても充実しています。

保険の内容も、毎年のように変わるので、
自動車保険は毎年見直した方が良いでしょう。

自動車保険を安くしたいなら、一般的には代理店がいらない
ダイレクト保険にすると良いでしょう。

ダイレクト保険とは自動車保険を代理店を通さずに通信販売
することが解禁されたことによりできた自動車保険です。

しかし、価格だけではなく、サービスの質や保障内容を良く検討しましょう。

feedpath Rabbit Tags:   generated by feedpath Rabbit
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。