Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自動車保険の種類

自動車保険には種類があります。
自動車保険の種類は、大きく分けると2つです。

1つは「自賠責保険」と呼ばれる強制保険です。
自動車を持った時点でこの保険には自動的に、言い換えると強制的に
加入させられてしまいます。だから、強制保険といいます。

自賠責保険とは、「自動車損害賠償責任保険」の通称です。

自賠責保険は自動車を運転する人はすべて加入しなければならない自動車保険です。
車を購入するときや、車検のときには必ず加入します。

保険の内容ですが、自賠責保険は人身事故にだけ適用されます。

保障の限度額は、傷害で120万円、死亡時は3,000万円、
重度後遺障害には4,000万円です。

もう一つの保険は自賠責保険では補いきれないものを保障する「任意保険」です。

自賠責保険とは違って、任意保険の加入は義務づけられてはいませんから、
任意保険には加入しないドライバーの方もいます。


しかし、これだけ交通事情が悪くなっていますから、是非任意の保険も
積極的に考えたいものです。

任意保険は万一の事故の時には自賠責保険では補いきれない分を保障されます。

自動車の故障時などにも手厚いサービスが受けられます。
任意保険には、是非加入するべきでしょう。

任意保険には、いくつかの種類があります。
任意保険の基本的な保険は大体5つです。
任意保険の基本的な保険と特約などを組み合わせて自分にあった保険を選びましょう。

「対人賠償保険」は、交通事故時の他人の「身体」に対して支払われる保障です。

保障の範囲は、自賠責保険を越えた部分に対して支払いがなされます。

対人賠償保険の加入は「無制限」にしておくのが良いでしょう。

「対物賠償保険」は、交通事故時の他人の車を含めた「物」に対しての保障です。
バスやタクシーや電車との事故であった場合にも、対物賠償保険は適用になります。
こちらも「無制限」で加入するのが良いでしょう。

「搭乗者傷害保険」は、運転者と同乗者に対しての保障です。

「自損事故保険」は、単独で起こした事故で相手がいない場合と、
相手がいても相手に対しての過失がゼロの場合で運転者が怪我や死亡した時、
自賠責保険は適用になりませんので、その分を保障するというものです。

自損事故保険は対人賠償保険に自動的に付帯されています。

「無保険者傷害保険」は他車との事故において、相手方が対人賠償保険に
加入していない場合に適用される保険です。

万が一の際に慌てる事がないように、このような自動車保険の種類を
しっかりと把握して、必要な形で加入しておくことが大切だといえます。

  generated by feedpath Rabbit
スポンサーサイト

奨学金制度と教育ローンについて

教育費の確実に確保のために学資保険に入っている人は多いのですが、
保険料だけに頼っていては、子供の教育費としては不十分だといえます。

保険意外にも、教育費として積み立てておく必要がありますが、
教育費が足りなかったらどうしよう、と不安に思いますよね。

奨学金制度」というのをご存じでしょうか?

奨学金とは、家庭の経済的な理由からこどもの進学・修学
が難しいとされる時に、給付、または貸付されるお金です。

限度額が決まっているので、必要な額まで達しないこともあるようですが、この
奨学金制度は、政府、地方自治体、公益団体、民間などで行われています。

家計の状態だけでなく、子供の成績や能力にも条件がつきま
すが、このような制度があるということは、心強いですよね。

ただ、貸付された奨学金は、当然ながら返済しなければなりません。

奨学金には、第一種奨学金、第二種奨学金と2種類あります。
給付金額の上限や利息が異なり、また返還方法も色々あります。

この制度を活用したい時は、内容をよく検討してから活用するようにしましょう。

もう1つ、教育費が足りなくなった時の手段として、
「教育ローン」を利用するという方法があります。

教育ローンは、国民生活金融公庫という政府系金融機関が扱う
ローンで、一般の銀行ローンよりも金利が安いのが特徴です。

教育ローンには、「教育一般貸付」「郵貯貸付」「年金教育貸付」
の3つの制度があり、それぞれ違った内容になっています。

また、国の教育ローンだけではなく、民間の金融機関にも教育ローンは用意されて
いますし、財形利用者が借りることができる財形教育融資というものもあります。


それぞれの特色を比較して、数年後の家計状況を考えてみてから、
ローンを選んでみてくださいね。

  generated by feedpath Rabbit

母親の保険も見直す

子供が産まれたら、子供のための学資保険などを考える人は多いと思いますが、
実はこの時期は、母親の保険を見直しをしておくのも良いと思います。

保険というと、情報集めも大変ですし、機会がない、そのままずるずると同じ保険に
入ったまま、見直すことはありませんよね。

特に女性は、世帯主でない場合が多いですから、保険に
ついてはついつい軽く考えがちになってしまいます。

保険の見直しの最初は、まずは結婚した時です。

夫婦だけの時は、死亡保障が抑えめの割安な保険で十分ですが、
結婚する前にそれぞれ入っていた保険について、夫婦で話し合っては如何でしょう。

その次が、子供が産まれてから。
子供の保険を考える時に、ママの保険も見直しておきましょう。

できるだけ保険料が割安な方がいいようですが、
医療保障が充実したものに加入しておくと安心です。

特にストレス社会ですから、病気も思わぬ形で発症します。

ところで、母親が病気やケガで入院した場合、小さな子供がいるお宅では、
とても大変ですよね。

家事の心配はもちろん、精神的に、金銭的にも大変です。

入院費はもちろん、長期入院の場合は、赤ちゃんの保育園代やベビーシッター代、
また家事代行費も必要になるかもしれません。

入院したら、日額10,000円くらい受け取ることができる保障プランがおすすめ
ですが、少なくても日額5,000円くらいは確保しておくとよいでしょう。

主婦が家事をできない場合に、月額で保障してくれるプランもありますので、
検討してみるのも良いですね。

今入っている生命保険を契約し直すのも良いですが、
別に医療保険だけを加入するのも良い方法です。

若いうちに終身型の保険に加入しておけば、
それだけ月々の保険料を抑えることができます。

将来のことも考えて、早めに良い保険に加入しておきましょう。

  generated by feedpath Rabbit

子どもの医療保険や傷害保険

子供のための保険といえば、将来の教育費の確保のための
学資保険がありますが、子供のケガや病気のための医療保険もあります。

子供の医療保険に加入するためには、親が既に入っている保険の家族特約として
加入する方法と、子供を被保険者として、新しい保険として加入する方法とあります。

家族特約として加入する場合は、子供が何人いても保険料は同じです。

しかし、子供を被保険者として加入する場合は、子供の数だけ保険に入る必要
があるので、子供の数が多い家庭では、家族特約として加入した方が良いかも
しれませんね。

また、子ども医療保険は、一定期間に限定された「定期保険」と、
一生涯保障される「終身保険」があります。

定期保険は、終身保険よりも保険料は安くなりますが、子供が将来、
成人してから新たに保険に加入する時に、継続して加入できる終身
保険の方は、それまで一定金額をかけていますので保険料が安くなります。

保険を子供へのプレゼントとして考えておくならば、子供の終身保険に
加入しておけば、将来、子供が保険を意識しはじめたときに
意外に安い保険料に感謝されることになると思います。

ところで、子供の病気はあまり心配していないけど、ケガが心配・・・という人は
多いと思います。

子供のケガだけを保障する 「子供傷害保険」 というものがあります。

動きが活発な男の子をもつお宅では、加入している人が多いと聞きます。

また、子供が野球やサッカーなどのスポーツをしていて、大人になっても続けていく
可能性がある場合は、特に加入しておくことをおすすめします。

将来加入が必要になった時に、過去のケガについて問われることがあります。
加入できる時に加入しておけば、将来役立つと思われます。

子供傷害保険は、子供医療保険より保険料は安めに設定されているので、
是非検討しては如何でしょうか。

  generated by feedpath Rabbit

子どもの教育ローン

確かな教育費の確保のために学資保険に入っている人は多いようですね。
もちろん保険料だけに頼っていては、子供の教育費としては不十分で、保険
意外にも、教育費として積み立てておく必要がありますよね。

しかし、それでも教育費が足りなかったらどうしよう、と不安に思いませんか。

「奨学金制度」というのをご存じですか?
奨学金というは、家庭の経済的な理由からこどもの進学・
修学が難しいとされる時に、給付や貸付されるお金のことです。

限度額が決まっているので、必要な額まで達しないこともあるようですが、この
奨学金制度は、政府、地方自治体、公益団体、民間などで行われています。

家計の状態だけでなく、原則的に子供の成績や能力にも条件がつきますが、
このような制度があるということは理解しておくといいと思います。

一頃、借り受け条件が緩和されたりしましたが、あくまで制度ですから十分に
今の自治体や通う学校などによって条件が異なりますので各々事前に調べて
おくと良いでしょう。

ただ、あくまで貸付された奨学金は、当然ながら返済しなければなりません。

一定の条件を満たした場合にのみ、返還が免除されるようですが、原則的に
奨学金の中にも第一種奨学金、第二種奨学金と2種類あり、給付金額の上限
や利息が異なり、また返還方法も色々あります。

いずれにしても、この制度を活用したい時は、内容を
事前によく検討してから活用するようしてください。

もう1つ、教育費が足りなくなった時の手段として、
「教育ローン」を利用することもできます。

教育ローンは、国民生活金融公庫という政府系金融機関が扱うローンで、
一般の銀行ローンよりも金利が安いのが特徴です。

教育ローンには、「教育一般貸付」「郵貯貸付」「年金教育貸付」の3つの
制度があり、それぞれ内容が異なっています。

また、民間の金融機関にも教育ローンは用意されています。さらに、
財形利用者が借りることができる財形教育融資というものもあります。

それぞれの特色を比較したうえで、数年後の家計状況を
十分に考えてみてから、ローンを選んでください。確かな教育費の確保のために学資保険に入っている人は多いようですね。
もちろん保険料だけに頼っていては、子供の教育費としては不十分で、保険
意外にも、教育費として積み立てておく必要がありますよね。

しかし、それでも教育費が足りなかったらどうしよう、と不安に思いませんか。

「奨学金制度」というのをご存じですか?
奨学金というは、家庭の経済的な理由からこどもの進学・
修学が難しいとされる時に、給付や貸付されるお金のことです。

限度額が決まっているので、必要な額まで達しないこともあるようですが、この
奨学金制度は、政府、地方自治体、公益団体、民間などで行われています。

家計の状態だけでなく、原則的に子供の成績や能力にも条件がつきますが、
このような制度があるということは理解しておくといいと思います。

一頃、借り受け条件が緩和されたりしましたが、あくまで制度ですから十分に
今の自治体や通う学校などによって条件が異なりますので各々事前に調べて
おくと良いでしょう。

ただ、あくまで貸付された奨学金は、当然ながら返済しなければなりません。

一定の条件を満たした場合にのみ、返還が免除されるようですが、原則的に
奨学金の中にも第一種奨学金、第二種奨学金と2種類あり、給付金額の上限
や利息が異なり、また返還方法も色々あります。

いずれにしても、この制度を活用したい時は、内容を
事前によく検討してから活用するようしてください。

もう1つ、教育費が足りなくなった時の手段として、
「教育ローン」を利用することもできます。

教育ローンは、国民生活金融公庫という政府系金融機関が扱うローンで、
一般の銀行ローンよりも金利が安いのが特徴です。

教育ローンには、「教育一般貸付」「郵貯貸付」「年金教育貸付」の3つの
制度があり、それぞれ内容が異なっています。

また、民間の金融機関にも教育ローンは用意されています。さらに、
財形利用者が借りることができる財形教育融資というものもあります。

それぞれの特色を比較したうえで、数年後の家計状況を
十分に考えてみてから、ローンを選んでください。
  generated by feedpath Rabbit
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。