Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自動車保険と一口で言っても、一つで全てをまかなっている訳ではなく、自動車保険は、
大きく分けて二つの種類に区分されています。「自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)」
と「任意保険」です。

自賠責保険というのは、自動車を運転するドライバーは誰でも必ず加入しなければいけない
自動車保険で、法律でも自動車所有者に義務付けられています。

もし、自賠責保険証明証を車に載せていなければ、3万円以下の罰金刑が課せられてしまい
ますから注意してください。また、万一自賠責保険に加入せずに自動車の運転をしたりすると、
1年以下の懲役または50万円以下の罰金刑と違反点でも-6点となり、一気に免許停止処分
が課せられることになってしまします。

自賠責保険の内容についてですが、人身事故にだけ適用され、支払金額は傷害で120万円、
死亡で3,000万円、重度後遺障害に関しては4,000万円が最高限度額とされています。

これに対して、任意保険は各自が任意で加入する自動車保険でいいます。
言い換えると、自分の意思で保険の加入を決める事ができて、自分の好きな保険会社を選択
できるわけです。

保険の種類には、
A:対人賠償保険  B:対物賠償保険  C:搭乗者傷害保険  D:自損事故保険
E:無保険車傷害保険  F:車両保険  G:人身傷害補償保険
といった具合に分かれています。

これらを組み合わせて1セットとした形で自動車保険に加入するのが一般的です。

自家用自動車総合保険(SAP)は、A、B、C、D、E、Fの6つをセットとした保険で、対人、対物
ともに示談交渉を保証すると言うものです。

自動車総合保険(PAP)は、A、B、C、D、Eの5つをセットとした保険で、対人のみ示談交渉を
保証すると言うものです。

一般自動車保険BAPは、基本的にはバラ売りの保険で、A、B、Fのいずれか一つの加入を義務
付けられている以外にはどれを選んでも構わないと言う保険です。

自動車保険にはこう言った様々な種類の保険がありますので、ご自身でライフスタイルやリスク
を念頭に組合わせることが大切です。
スポンサーサイト

アクサダイレクトの自動車保険

アクサダイレクトは、外資系の自動車保険会社でダイレクト型自動車保険を扱っています。

ダイレクト型自動車保険は代理店を通さずに保険会社と契約者が直接契約をすることになり
ますので、中間コストがかからず、その分保険料が安くなります。

また、アクサダイレクトはインターネットで契約すると、最大4,500円の割引になります。
新規の契約ばかりでなく、継続申込みもオンラインでする事によって1,000円の割引になります。

アクサダイレクトの自動車保険の保障プランは3つの契約タイプに分かれます。フルカバータイプ
は対人賠償保険、対物賠償保険、自損事故保険、無保険車傷害保険、搭乗者傷害保険の5つ
の基本保険に一般車両保険が付くタイプです。

スタンダードタイプは5つの基本保険に補償範囲が限定された車両保険が付くタイプです。
エコノミータイプは車両保険が付かないエコノミーなタイプです。
些か古めの車や中古車を購入した若者に多いのかも知れませんね。

ところで、アクサダイレクトの事故対応は万一の事故の時は、24時間365日対応してくれます。
夜間や休日の場合は、事故受付とアシスタントサービスの手配を行われますが、専任スタッフ
からの連絡は翌営業日になります。人身と物損のプロの専任担当者が連携して示談交渉にあ
たります。

故障などで車が走行できなくなった時は、車両保険の有無に関わらず、アシスタンスサービス
を無料で利用できます。具体には、ロードサイドサービス、レッカーサービス、宿泊・帰宅費用
サービス、修理後車両搬送・引取りサービス、メッセージサービスが受けられることになります。

自動車保険の加入より2年目以降は、アシスタンスサービスの内容がグレードアップします。

自分に合う保険を一括見積もりで

自動車保険でも、人それぞれに運転の機会が異なります。

そんな時に、自分にあった都合のいい自動車保険を選ぶには、なるべく
多くの自動車保険会社から見積もりを取って、比較検討すると良いと思います。

しかし、一つ一つ見積もりを取るというのも大変な作業ですね。

そこで、現在インターネットが普及していますので、それぞれの保険会社の
ホームページから見積もりを簡単に取ることが可能になっていますから、
これをうまく利用しましょう。

また、インターネット上には、もっと便利なものがあります。
それは、自動車保険の一括見積もりです。

自動車保険の一括見積もりが出来るサイトはいくつかあります。


代表的なサイトは、「インズウェブ」、「カービュー」、「保険スクエアbang!」、
「価格.com」などです。

これらのサイトで簡単な入力をするだけで、複数の保険会社の見積もりを一括で
取ることができます。

一括見積もりを利用するには、まず、「保険証券」、「車検証」、「免許証」を
手元に用意しましょう。

そして、一括見積もりが出来るサイトを選び、入力して見積もりの請求をします。

あとは、各社からの返事を待つことになります。

数日かかることもあれば、オンラインですぐに結果が報告される場合もあります。

最近は、自動車保険の自由化のよって
ダイレクト型自動車保険も普及し、各保険会社の競争が激化しています。

各社とも様々なロードサービスなどのサービスを提供し、
割引制度もとても充実しています。

保険の内容も、毎年のように変わるので、
自動車保険は毎年見直した方が良いでしょう。

自動車保険を安くしたいなら、一般的には代理店がいらない
ダイレクト保険にすると良いでしょう。

ダイレクト保険とは自動車保険を代理店を通さずに通信販売
することが解禁されたことによりできた自動車保険です。

しかし、価格だけではなく、サービスの質や保障内容を良く検討しましょう。

feedpath Rabbit Tags:   generated by feedpath Rabbit

アクサダイレクトの自動車保険

アクサダイレクトとぴう外資系の自動車保険会社があります。

アクサダイレクトの自動車保険はダイレクト型の自動車保険です。

つまり、代理店を通さずに保険会社と契約者が直接契約をするということ。
ダイレクト型自動車保険は、中間コストがかからず、その分保険料が安くなります。

また、アクサダイレクトはインターネットで契約すると、
さらに最大4,500円の割引になります。

新規の契約だけではなく、継続申込みもオンラインでする事により、
1,000円の割引になります。

アクサダイレクトの自動車保険の保障プランは3つの契約タイプになります。

ます、フルカバータイプですが、対人賠償保険、対物賠償保険、自損事故保険、
無保険車傷害保険、搭乗者傷害保険の5つの基本保険に一般車両保険が付く
タイプです。

つぎに、スタンダードタイプは5つの基本保険に補償範囲が限定された
車両保険が付くタイプです。

そして一般的なのが、エコノミータイプは車両保険が付かない、
文字通りのエコノミーなタイプです。

万一の事故の時、アクサダイレクトの事故対応は24時間365日対応してくれます。

夜間や休日の場合は、事故の受付とアシスタントサービスの手配が行われますが、
専任スタッフからの連絡は翌営業日ということなります。

この際は、人身と物損のプロの専任担当者が連携して示談交渉にあたります。

故障などで車が走行できなくなった時は、車両保険の有無に関わらず、
アシスタンスサービスを無料で利用することできます。

ロードサイドサービス、レッカーサービス、宿泊・帰宅費用サービス、
修理後車両搬送・引取りサービス、メッセージサービスが受けられます。

自動車保険の加入より2年目以降には、
アシスタンスサービスの内容がグレードアップします。

  generated by feedpath Rabbit

短期間だけ運転するときは・・・

運転免許は習得していても、自動車を所有していないなどと言った理由から、
自動車保険に加入していない人は結構いらっしゃると思います。

そう言った方が、短期の旅行などに出かける際に、その間友達などの車を運転する
事になった場合、自動車保険を利用する事が出来るのでしょうか・・・・・・・・。

実は、ちゃんと出来るのです。

こうしたケースのように普段は運転しないが、短期の運転機会に対する
自動車保険の利用方法は幾つかあります。

まず、最も現実的な方法として挙げられるのが、
車の所有者の自動車保険を使わせて貰うと言う方法です。

ただしこの方法は、その自動車保険の特約で『借主が運転する事を禁止する』
或いは『借主が運転してはいけない条件に該当する』と言った事態が発生する
事もありますので、確認が必要となります。

また、その場合は、一時的に条件を変える事が出来ます。

加入している自動車保険の会社や代理店に問い合わせて手続きを行い、
それに付随する追加料金を支払えば、一定期間のみ借主が運転可能な
条件に変える事ができます。

車の所有者のリスクを考慮する場合は、ご自身が
ドライバー保険に加入すると言う方法もあります。

ドライバー保険は正式名称を「自動車運転者損害賠償責任保険」と言いますが、
自動車を所有していない人が他人の車を運転する際に入る事の出来る保険です。

これに入れば、所有者に迷惑をかける事なく旅行先などでも安心して
運転することができます。

また、自分の車の自動車保険には入っているものの、別の人の車を運転する
事になった場合は、他車運転危険担保特約を利用することできます。

この特約は、被保険者が自ら運転者として運転している車とは違う車を、
契約している車とみなして保険金が支払われるものです。

これがあれば、実質自分の自動車と同じような扱いで他者の車を運転
することができます。

しかし、何らかの理由でれらの方法が使えない場合は、
自動車保険の短期契約を行う事になります。

もっとも、短期とはいっても日にち単位で契約できる訳ではありませんので、
月払いにして旅行などが終わる時期にあわせて解約、と言う方法が一般的
になります。

  generated by feedpath Rabbit
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。