Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://hoken77.blog118.fc2.com/tb.php/10-9471c5d7
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

奨学金制度と教育ローンについて

教育費の確実に確保のために学資保険に入っている人は多いのですが、
保険料だけに頼っていては、子供の教育費としては不十分だといえます。

保険意外にも、教育費として積み立てておく必要がありますが、
教育費が足りなかったらどうしよう、と不安に思いますよね。

奨学金制度」というのをご存じでしょうか?

奨学金とは、家庭の経済的な理由からこどもの進学・修学
が難しいとされる時に、給付、または貸付されるお金です。

限度額が決まっているので、必要な額まで達しないこともあるようですが、この
奨学金制度は、政府、地方自治体、公益団体、民間などで行われています。

家計の状態だけでなく、子供の成績や能力にも条件がつきま
すが、このような制度があるということは、心強いですよね。

ただ、貸付された奨学金は、当然ながら返済しなければなりません。

奨学金には、第一種奨学金、第二種奨学金と2種類あります。
給付金額の上限や利息が異なり、また返還方法も色々あります。

この制度を活用したい時は、内容をよく検討してから活用するようにしましょう。

もう1つ、教育費が足りなくなった時の手段として、
「教育ローン」を利用するという方法があります。

教育ローンは、国民生活金融公庫という政府系金融機関が扱う
ローンで、一般の銀行ローンよりも金利が安いのが特徴です。

教育ローンには、「教育一般貸付」「郵貯貸付」「年金教育貸付」
の3つの制度があり、それぞれ違った内容になっています。

また、国の教育ローンだけではなく、民間の金融機関にも教育ローンは用意されて
いますし、財形利用者が借りることができる財形教育融資というものもあります。


それぞれの特色を比較して、数年後の家計状況を考えてみてから、
ローンを選んでみてくださいね。

  generated by feedpath Rabbit
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://hoken77.blog118.fc2.com/tb.php/10-9471c5d7
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。