Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母親の保険も見直す

子供が産まれたら、子供のための学資保険などを考える人は多いと思いますが、
実はこの時期は、母親の保険を見直しをしておくのも良いと思います。

保険というと、情報集めも大変ですし、機会がない、そのままずるずると同じ保険に
入ったまま、見直すことはありませんよね。

特に女性は、世帯主でない場合が多いですから、保険に
ついてはついつい軽く考えがちになってしまいます。

保険の見直しの最初は、まずは結婚した時です。

夫婦だけの時は、死亡保障が抑えめの割安な保険で十分ですが、
結婚する前にそれぞれ入っていた保険について、夫婦で話し合っては如何でしょう。

その次が、子供が産まれてから。
子供の保険を考える時に、ママの保険も見直しておきましょう。

できるだけ保険料が割安な方がいいようですが、
医療保障が充実したものに加入しておくと安心です。

特にストレス社会ですから、病気も思わぬ形で発症します。

ところで、母親が病気やケガで入院した場合、小さな子供がいるお宅では、
とても大変ですよね。

家事の心配はもちろん、精神的に、金銭的にも大変です。

入院費はもちろん、長期入院の場合は、赤ちゃんの保育園代やベビーシッター代、
また家事代行費も必要になるかもしれません。

入院したら、日額10,000円くらい受け取ることができる保障プランがおすすめ
ですが、少なくても日額5,000円くらいは確保しておくとよいでしょう。

主婦が家事をできない場合に、月額で保障してくれるプランもありますので、
検討してみるのも良いですね。

今入っている生命保険を契約し直すのも良いですが、
別に医療保険だけを加入するのも良い方法です。

若いうちに終身型の保険に加入しておけば、
それだけ月々の保険料を抑えることができます。

将来のことも考えて、早めに良い保険に加入しておきましょう。

  generated by feedpath Rabbit

アクサダイレクトの自動車保険

アクサダイレクトとぴう外資系の自動車保険会社があります。

アクサダイレクトの自動車保険はダイレクト型の自動車保険です。

つまり、代理店を通さずに保険会社と契約者が直接契約をするということ。
ダイレクト型自動車保険は、中間コストがかからず、その分保険料が安くなります。

また、アクサダイレクトはインターネットで契約すると、
さらに最大4,500円の割引になります。

新規の契約だけではなく、継続申込みもオンラインでする事により、
1,000円の割引になります。

アクサダイレクトの自動車保険の保障プランは3つの契約タイプになります。

ます、フルカバータイプですが、対人賠償保険、対物賠償保険、自損事故保険、
無保険車傷害保険、搭乗者傷害保険の5つの基本保険に一般車両保険が付く
タイプです。

つぎに、スタンダードタイプは5つの基本保険に補償範囲が限定された
車両保険が付くタイプです。

そして一般的なのが、エコノミータイプは車両保険が付かない、
文字通りのエコノミーなタイプです。

万一の事故の時、アクサダイレクトの事故対応は24時間365日対応してくれます。

夜間や休日の場合は、事故の受付とアシスタントサービスの手配が行われますが、
専任スタッフからの連絡は翌営業日ということなります。

この際は、人身と物損のプロの専任担当者が連携して示談交渉にあたります。

故障などで車が走行できなくなった時は、車両保険の有無に関わらず、
アシスタンスサービスを無料で利用することできます。

ロードサイドサービス、レッカーサービス、宿泊・帰宅費用サービス、
修理後車両搬送・引取りサービス、メッセージサービスが受けられます。

自動車保険の加入より2年目以降には、
アシスタンスサービスの内容がグレードアップします。

  generated by feedpath Rabbit

短期間だけ運転するときは・・・

運転免許は習得していても、自動車を所有していないなどと言った理由から、
自動車保険に加入していない人は結構いらっしゃると思います。

そう言った方が、短期の旅行などに出かける際に、その間友達などの車を運転する
事になった場合、自動車保険を利用する事が出来るのでしょうか・・・・・・・・。

実は、ちゃんと出来るのです。

こうしたケースのように普段は運転しないが、短期の運転機会に対する
自動車保険の利用方法は幾つかあります。

まず、最も現実的な方法として挙げられるのが、
車の所有者の自動車保険を使わせて貰うと言う方法です。

ただしこの方法は、その自動車保険の特約で『借主が運転する事を禁止する』
或いは『借主が運転してはいけない条件に該当する』と言った事態が発生する
事もありますので、確認が必要となります。

また、その場合は、一時的に条件を変える事が出来ます。

加入している自動車保険の会社や代理店に問い合わせて手続きを行い、
それに付随する追加料金を支払えば、一定期間のみ借主が運転可能な
条件に変える事ができます。

車の所有者のリスクを考慮する場合は、ご自身が
ドライバー保険に加入すると言う方法もあります。

ドライバー保険は正式名称を「自動車運転者損害賠償責任保険」と言いますが、
自動車を所有していない人が他人の車を運転する際に入る事の出来る保険です。

これに入れば、所有者に迷惑をかける事なく旅行先などでも安心して
運転することができます。

また、自分の車の自動車保険には入っているものの、別の人の車を運転する
事になった場合は、他車運転危険担保特約を利用することできます。

この特約は、被保険者が自ら運転者として運転している車とは違う車を、
契約している車とみなして保険金が支払われるものです。

これがあれば、実質自分の自動車と同じような扱いで他者の車を運転
することができます。

しかし、何らかの理由でれらの方法が使えない場合は、
自動車保険の短期契約を行う事になります。

もっとも、短期とはいっても日にち単位で契約できる訳ではありませんので、
月払いにして旅行などが終わる時期にあわせて解約、と言う方法が一般的
になります。

  generated by feedpath Rabbit

子どもの医療保険や傷害保険

子供のための保険といえば、将来の教育費の確保のための
学資保険がありますが、子供のケガや病気のための医療保険もあります。

子供の医療保険に加入するためには、親が既に入っている保険の家族特約として
加入する方法と、子供を被保険者として、新しい保険として加入する方法とあります。

家族特約として加入する場合は、子供が何人いても保険料は同じです。

しかし、子供を被保険者として加入する場合は、子供の数だけ保険に入る必要
があるので、子供の数が多い家庭では、家族特約として加入した方が良いかも
しれませんね。

また、子ども医療保険は、一定期間に限定された「定期保険」と、
一生涯保障される「終身保険」があります。

定期保険は、終身保険よりも保険料は安くなりますが、子供が将来、
成人してから新たに保険に加入する時に、継続して加入できる終身
保険の方は、それまで一定金額をかけていますので保険料が安くなります。

保険を子供へのプレゼントとして考えておくならば、子供の終身保険に
加入しておけば、将来、子供が保険を意識しはじめたときに
意外に安い保険料に感謝されることになると思います。

ところで、子供の病気はあまり心配していないけど、ケガが心配・・・という人は
多いと思います。

子供のケガだけを保障する 「子供傷害保険」 というものがあります。

動きが活発な男の子をもつお宅では、加入している人が多いと聞きます。

また、子供が野球やサッカーなどのスポーツをしていて、大人になっても続けていく
可能性がある場合は、特に加入しておくことをおすすめします。

将来加入が必要になった時に、過去のケガについて問われることがあります。
加入できる時に加入しておけば、将来役立つと思われます。

子供傷害保険は、子供医療保険より保険料は安めに設定されているので、
是非検討しては如何でしょうか。

  generated by feedpath Rabbit

自動車保険の免責事由の確認

ここでは、自動車保険の免責について記します。

自動車保険に加入していても、自動車に関する全ての事故に
関して保険金が下りないときがありますので注意しましょう。

任意保険に関していえば、ある条件下における事故に関しては
保険金が降りません。

その条件と言うのが免責事由といわれるものです。

自動車保険の免責事由の最もわかり易い事例を挙げると、
飲酒運転です。

規定以上のアルコールを摂取して運転していて事故を起こした場合、
この事故によって引き起こされた全ての損害に対し、保険金は下り
ません。

他にも、無免許運転、使用人の故意による事故、使用人の重大な
過失に起因する事故などと言う保険加入者に大きな責任がある事
故に関しては、免責事由となり、保険金が下りないことになっています。

また、地震や津波によって車両が損害を被った場合、自動車から取り外されている付属品の損害、輸送中の損害、タイヤのパンクなどと言った項目も免責事由に当たります。

ただ、これらの例はあくまでも一般的なもので、
詳細に関しては各保険会社で違いがあります。

確実に知っておく為には、予め加入を予定している保険会社に
問い合わせるのが一番良いと思います。

自動車保険は非常に大きな額を扱う保険です。

一つの事故に対し、場合のよっては、数百万、数千万と言う大金が
動く事もしばしばあります。その保険金が下りるか、下りないかは、
その後の人生を大きく左右しかねません。

勿論、事故を起こさないに越した事はありませんが、
どうしても避けられないミス、自己責任のない事故が降りかかって
来ない保証はありません。

自分自身の生活や運転の状況などを十分に考慮しながら、
自分に起こり得る事故を想定して、それが自動車保険の免責事由
に入っているかどうかのチェックは必ず行ないましょう。

もちろん、これらを参考に自分にあった保険を選定する必要が
あることはいうまでもありません。

  generated by feedpath Rabbit
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。