Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもの教育ローン

確かな教育費の確保のために学資保険に入っている人は多いようですね。
もちろん保険料だけに頼っていては、子供の教育費としては不十分で、保険
意外にも、教育費として積み立てておく必要がありますよね。

しかし、それでも教育費が足りなかったらどうしよう、と不安に思いませんか。

「奨学金制度」というのをご存じですか?
奨学金というは、家庭の経済的な理由からこどもの進学・
修学が難しいとされる時に、給付や貸付されるお金のことです。

限度額が決まっているので、必要な額まで達しないこともあるようですが、この
奨学金制度は、政府、地方自治体、公益団体、民間などで行われています。

家計の状態だけでなく、原則的に子供の成績や能力にも条件がつきますが、
このような制度があるということは理解しておくといいと思います。

一頃、借り受け条件が緩和されたりしましたが、あくまで制度ですから十分に
今の自治体や通う学校などによって条件が異なりますので各々事前に調べて
おくと良いでしょう。

ただ、あくまで貸付された奨学金は、当然ながら返済しなければなりません。

一定の条件を満たした場合にのみ、返還が免除されるようですが、原則的に
奨学金の中にも第一種奨学金、第二種奨学金と2種類あり、給付金額の上限
や利息が異なり、また返還方法も色々あります。

いずれにしても、この制度を活用したい時は、内容を
事前によく検討してから活用するようしてください。

もう1つ、教育費が足りなくなった時の手段として、
「教育ローン」を利用することもできます。

教育ローンは、国民生活金融公庫という政府系金融機関が扱うローンで、
一般の銀行ローンよりも金利が安いのが特徴です。

教育ローンには、「教育一般貸付」「郵貯貸付」「年金教育貸付」の3つの
制度があり、それぞれ内容が異なっています。

また、民間の金融機関にも教育ローンは用意されています。さらに、
財形利用者が借りることができる財形教育融資というものもあります。

それぞれの特色を比較したうえで、数年後の家計状況を
十分に考えてみてから、ローンを選んでください。確かな教育費の確保のために学資保険に入っている人は多いようですね。
もちろん保険料だけに頼っていては、子供の教育費としては不十分で、保険
意外にも、教育費として積み立てておく必要がありますよね。

しかし、それでも教育費が足りなかったらどうしよう、と不安に思いませんか。

「奨学金制度」というのをご存じですか?
奨学金というは、家庭の経済的な理由からこどもの進学・
修学が難しいとされる時に、給付や貸付されるお金のことです。

限度額が決まっているので、必要な額まで達しないこともあるようですが、この
奨学金制度は、政府、地方自治体、公益団体、民間などで行われています。

家計の状態だけでなく、原則的に子供の成績や能力にも条件がつきますが、
このような制度があるということは理解しておくといいと思います。

一頃、借り受け条件が緩和されたりしましたが、あくまで制度ですから十分に
今の自治体や通う学校などによって条件が異なりますので各々事前に調べて
おくと良いでしょう。

ただ、あくまで貸付された奨学金は、当然ながら返済しなければなりません。

一定の条件を満たした場合にのみ、返還が免除されるようですが、原則的に
奨学金の中にも第一種奨学金、第二種奨学金と2種類あり、給付金額の上限
や利息が異なり、また返還方法も色々あります。

いずれにしても、この制度を活用したい時は、内容を
事前によく検討してから活用するようしてください。

もう1つ、教育費が足りなくなった時の手段として、
「教育ローン」を利用することもできます。

教育ローンは、国民生活金融公庫という政府系金融機関が扱うローンで、
一般の銀行ローンよりも金利が安いのが特徴です。

教育ローンには、「教育一般貸付」「郵貯貸付」「年金教育貸付」の3つの
制度があり、それぞれ内容が異なっています。

また、民間の金融機関にも教育ローンは用意されています。さらに、
財形利用者が借りることができる財形教育融資というものもあります。

それぞれの特色を比較したうえで、数年後の家計状況を
十分に考えてみてから、ローンを選んでください。
  generated by feedpath Rabbit

子ども保険を考える

保険は大人の保険ばかりを考えますが、生活設計を考えると
子ども保険も考えましょう。

そこで子供の保険を考えた時、インターネットや保険会社から一定の情報を得るのも
必要です。更に加えて、ファイナンシャル・プランナーにある程度の知識を持ちながら
相談するという方法も1つ加えておくと良いのではないでしょうか。

ファイナンシャル・プランナーは、通称FPとも呼ばれていて、
ファイナンシャル(財政・家計)のプランナー(立案・計画者)という意味です。

人はそれぞれ生活の仕方や考え方が違いますから、それぞれの
家族構成や生活環境も様々ですよね。

そういったそれぞれの家庭に見合った家計に対して具体にアドバイスをしてくれる
のがファイナンシャル・プランナーになります。

実際、保険には多種多様ですからね。

収入や生活環境に見あったものがあっても、自分に
どれが一番適しているのか、分かりにくいですよね。

その点でファイナンシャル・プランナーは、お金についての知識が豊富で、
いってみれば資産運用のプロですから自分達にあった保険を探してくれます。

保険外交員の方と同じように考える方もいらっしゃいますが、
ファイナンシャル・プランナーには、2種類あります。

一つは、金融機関や保険会社など属している「企業系ファイナンシャルプランナー」、
もう一つはそうした機関には属さない「独立系ファイナンシャルプランナー」に分かれます。

後者の独立系ファイナンシャル・プランナーなら、保険セールスとは違って、
第三者的な立場からアドバイスをしてくれるという利点があります。
保険外交員さんは自社の保険設計のことは熟知しているんでしょうが、
独立系ファイナンシャル・プランナーは保険の基本を押さえた上で、
適切に公正な立場でアドバイスができるというのが大きな違いです。

家庭環境や収入まで、知られてしまうのはやだな・・・という人もいると思いますが、
ファイナンシャル・プランナーに相談しておいて、損することはありませんよ。

名の知れた保険会社だけに固執してしまいがちですが、保険のことを知り尽くし
ているファイナンシャル・プランナーなら、こんな保険もあったのかと気づかせてくれます。
また、保険を探したり、組み合わせを考える手間と時間も省くことができます。

保険を既成のプランに無理に合わせてしまうのではなく、
是非一度、ファイナンシャル・プランナーに相談して、本当に
最小限の目的にあったプランにすることができます。

是非一度、相談されることをオススメします。
  generated by feedpath Rabbit
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。